教員紹介

老年看護学分野【広域実践看護学領域】

  • 中島 一成(ナカシマ クニアキ)助教
  • 名前:中島 一成(ナカシマ クニアキ)助教

    学位:修士(看護学)

    学歴:大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士前期課程修了

    職歴:独立行政法人:関西労災病院 (消化器外科手術後病棟を経験後に手術部・救命救急部にて勤務)、公立学校共済組合:近畿中央病院 (救急外来にて勤務)

    主な担当科目:老年看護学Ⅱ、老年看護学実習Ⅰ・Ⅱ、統合看護学実習

    研究テーマ:臨床への還元を目的とした高齢者に対する医療・看護技術開発、(末梢静脈に関する実験的研究)超音波解析・看護工学融合研究

先生への質問

武庫女の看護学部のオススメポイントは何ですか?

教員の人数が多く、保健学や看護学に対する教育と研究の両側面を兼ね備えた熱心な先生方が在籍されており、学生一人一人の希望や個別性に合わせた、きめ細やかな指導を受けることができる点、学生が将来医療従事者になるための知識や技術を大きく向上させる環境が整っている点だと感じています。また、自身が積み上げてきた臨床での経験を生かして、大学で習得した知識や理論だけでなく、それらが臨床とどう結びつくのかという、学生が将来臨床に巣立つことを想定した実践的な面も大切にしたいと考えています。何か困ったことや相談があればいつでもアドバイスさせていただきます。

看護学部をめざす高校生の皆様へメッセージをお願いします!

高校生の段階で将来自分がどのような職業に就きたいかを決断することは難しいかもしれませんが、看護という視点で考えると、医療職者の中でも患者様という一人の人間と関わる時間がとても長く、看護師にしかできないことも多くあり、看護独自のものは何かを探したり考えたりすること、人と人とのつながりから生まれる様々な考えや思いなど、自分も患者様から多くのことを学べたり、人として成長できること、このような仕事をしたいと考えている人にはぜひその門戸をくぐってみたらと背中を押したくなります。
また日々進歩する医療の世界では、常に新しい根拠に基づく知識や技術の習得も必要であり、学習することや考え動くことも多く大変な面ももちろんありますが、その習得した知識や技術で人の役に立つ仕事ができる、患者様が笑顔で元気になって元の生活の戻られるという喜びは、とても嬉しいものです。そのような仕事に興味を持った方は、全力でサポートさせていただきますので安心してぜひ武庫川女子大学にいらしてください。