短期大学部・学科紹介

心理・人間関係学科

学びの特長

自分自身を見つける。

心理学は心の問題を幅広く扱う学問です。その多彩さに触れることで、人々の心をどのように理解すればよいか、そしてどのように共感し合える心を育てていけばよいかを実感できるでしょう。そのことは、自分を理解し、自らが持つ本当の価値を発見することへもつながります。

ライフステージに対応したカリキュラム。

心理・人間関係学科では、女性のライフステージの特徴を踏まえ、生涯にわたって人と人とがどのように関わり合いながら心と人生を豊かにしていくのかという視点から、独自のカリキュラムを備えています。様々な場面で困難に直面しても、強くしなやかに対応できる力を育みます。

人々と共に生きる実践力の育成。

心理学の科目を中心に学ぶことによって、人を理解するための実践的な力を身に付け、人との関係の中で自分の未来を創造できる人材を目指します。そのために、様々な対人場面においてコミュニケーション能力や問題解決能力を発揮するための方法を体験的に学ぶ授業も設けています。

学びの領域

2年間の学びの流れ

主な開講科目

心理学概論 A・B
心理学についての理解を深めるとともに、心理療法、子どもの発達、ストレスなどについて学びます。
レクリエーション概論
レクリエーションの歴史と基本的な考え方を学び、レクリエーションの企画や運営の方法を理解します。
恋愛と結婚の心理
キャリア形成と自己実現のために、重要な出来事である恋愛と結婚について、心理学の視点から考えます。
対人関係の心理学
コミュニケーションや集団場面での行動など、日常生活における人と人との関わりに関する心理的メカニズムを学びます。
消費者・産業心理学
モノを選ぶ、買うなど私たちの消費者としての行動について、心理学的な視点から考えます。
社会人のマナーとルール
ビジネスパーソンに必要な社会のルールやビジネスマナーを実践的に修得しながら、社会人としての資質の向上を目指します。
女性のライフステージとキャリア
女性のライフステージと将来像を重ねて、卒業後の進路に向けて2年間の学習プランを考えます。
リスクと安全の心理学
直面する様々なリスクを私たちがどのように認知しているかを理解し、リスクに対してどのように備えるかを考えます。
オフィスワークの英語 Ⅰ・Ⅱ
電話応対、来客対応、メールでのやりとりなど基本的な業務を英語で遂行する力を身に付けます。
こども心理学
乳幼児期から青年期までの発達の特徴とその影響要因について学び、発達とは何かを考えます。

4つのライフステージ

人との関係の中で自分の未来を創造する女性を目指して。

本学科では、自分自身を見つめ、社会で活躍する場を見つけるために、4つのライフステージを想定し、それらに対応した多彩な授業科目を設定しています。こうした科目をグループワークやプレゼンテーションなどを通じて学ぶことにより、人を理解するための実践的な力を身に付けることを目指します。

取得可能な免許・資格 [資格によっては、基礎教育科目・専門教育科目以外に所定の科目を履修・修得する必要があります。]

諸資格・免許
  • 社会福祉主事任用資格
  • 図書館司書
Column(コラム)
編入学サポート

心理・人間関係学科では大学の心理・社会福祉学科(心理コース)への編入学を目指す学生のために積極的な支援を行っています。

1年次 初期演習 1年次に実施される初期演習の授業で、進路を選択する上でのポイントについて、教員から説明・指導を受けます。
編入学指導
1・2年次 特別学期授業 大学における学びの成果としての卒業論文研究について概観し、基礎系・臨床系それぞれの心理学について、過去の卒業論文の事例を交えながら、具体的な研究の進め方や考え方を演習形式で学びます。
心理学研究法演習
2年次 後期授業 3年次で心理コースに編入学すると、すぐに卒業論文研究が始まります。スムーズに研究活動を開始できるように、心理学の実験・調査・観察方法、データ分析方法、レポートの書き方などを実践形式で学びます。
専門演習

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE