(日本語 / English)

所長あいさつ

 本研究所は1996年(平成8年)4月1日に、武庫川女子大学に於いて最初の自然科学系の研究所として設立されました。生命科学に対する本質的な理解、病気の解明と医薬品の作用機序・安全使用、食品・栄養成分と健康・長寿などの研究を通して社会に貢献することを目指しています。

 組織は研究所長のもと、4研究分野(個体生命科学、細胞生命科学、分子生命科学、生命科学)に分かれて、それぞれ数人の研究員が所属して研究活動を行っています。研究員は専任教員でなく、生活環境学部食物栄養学科(大学院生活環境学研究科食物栄養学専攻)、薬学部(薬学研究科)の2学部(2研究科)に所属する教員が兼務で活動しています。そのため、研究員の単独研究あるいは共同研究、合同研究発表会、公開セミナーなどが主な活動です。研究員がそれぞれの専門性を生かした研究を行うとともに、若手研究者、院生、学生と議論を交わすことができます。

 毎年、プロジェクト研究の合同研究発表会や公開セミナーなどを行い、研究員が互いに刺激を与え、連携を図っています。研究成果は、合同研究発表会やバイオサイエンス研究所年報(Annual Report of Interdisciplinary Research Institute for Biosciences)で公開しています。また、優れたバイオサイエンス研究の業績を発表された国内外の研究者による公開セミナーを実施しています(公開セミナー参照)。さらに、国内の他施設との共同研究である「去勢抵抗性前立腺がん (CRPC) の薬物治療、並びにメタボローム解析によるCRPCバイオマーカーの探索および予後予測マーカーの探索に関する研究」、研究員が取得した特許を利用した遺伝子変異探索プロジェクトなどが行われています。

バイオサイエンス研究所 所長
 萩中 淳

沿革

研究・共同研究プロジェクト

 本研究所は1996年(平成8年)4月1日に、武庫川女子大学に於いて最初の自然科学系の研究所として設立され、今日まで本学のバイオサイエンス研究のセンタ−機能を担っています。

 研究所の目的は、天然資源の保全、太陽と緑のエネルギーの循環再利用並びに新しい医薬品、食品等の開発、生産を図るために、動物や植物等の生命科学活動の基礎的理解を基に、社会に貢献する応用的研究を行い、先端科学研究の振興に寄与することであります。その業務は大きく二つあり、第一は生命科学分野における基礎的な研究と調査を実施すること、第二は応用的な研究による成果の公表と利用です。

 独自の研究施設がなく、専任教員がいないため、研究員の単独研究あるいは共同研究及び共同討論が重要です。活動は大きく次の三つに分けられます。1)共同研究プロジェクト、2)学会発表及び論文発表、3)公開セミナーです。

 共同研究プロジェクトは、プロジェクトテーマのもとで研究員がそれぞれの専門性の異なる分野での知識、技術を発揮して分担課題を設定し研究するものです。