健康・スポーツ科学研究科 健康・スポーツ科学専攻

健康・スポーツを科学的・専門的に学ぼうとする意欲を持ち、①幅広い年齢層における疾病の一次予防を目的とした運動処方や二次予防として種々の病態に相応しい運動療法について、高度な医科学的知識に加えて行動科学的なアプローチに精通しようとする健康運動指導士や健康運動実践指導者、さらに管理栄養士などの資格を有する者、②より専門的な科学的理論に裏付けられた運動発達のプロセスやトレーニングの原則、スポーツ傷害の予防および回復に関する高度な医科学的知識と能力を兼ね備え、体育授業やスポーツ行事、運動部活動などの指導をしようとする保健体育教員の資格を有する者、③健康や体力、スポーツトレーニングに関する知識と能力を兼ね備え、リハビリテーションを通して臨床現場や地域社会で高い問題解決能力と技術を用いて指導的役割を担おうとするリハビリテーション専門職種の資格を有する者、さらにスポーツ関連の企業や団体、スポーツイベントの企画・運営などのスポーツビジネス分野で活躍しようとする者を受け入れます。

主な研究分野

「健康・スポーツ教育学分野」「健康・体力科学分野」「スポーツトレーニング科学分野」「スポーツビジネス分野(新設)」「リハビリテーション科学分野」

主な開講科目

  • 研究倫理
  • 健康・スポーツ科学総論
  • スポーツ・リハビリテーション科学研究法
  • 身体運動評価学実習
  • 保健体育科教育学特論
  • スポーツ教育学特論
  • 教育経営特論
  • 運動生理学特論
  • 健康行動学特論
  • レジャー・レクリエーション学特論
  • 運動制御学特論
  • スポーツ心理学特論
  • スポーツコーチング特論
  • スポーツビジネス特論
  • スポーツマーケティング特論
  • 運動機能障害学特論
  • 分子機能回復学特論
  • リハビリテーション医学特論
  • スポーツリハビリテーション学特論

教員一覧

研究科長

学科長

幹事教授

教授

准教授

カリキュラムポリシー

健康・スポーツ科学専攻

修士課程

本専攻ではディプロマ・ポリシーを達成するために、「共通科目」と「各分野科目」で開講する特論、演習、実習を通して「知識・理解」、「技能・表現」、「思考・判断」、「態度・志向性」を身につけ、「論文作成研究科目」では修士論文の作成に向けた研究計画立案、予備実験・調査、本実験・調査などの研究活動ができる学年積み上げ方式の教育課程を編成します。また、学生が主体的に考える力を養うためのアクティブラーニングと課題によって能動的に学修する態度を養い、より高度な専門的知識を活かした研究活動と論文作成へと繋げていきます。

  1. 「共通科目」は本専攻の基盤科目に相当します。そのため、柱となる「健康科学総論」では一次予防から三次予防について医学およびリハビリテーション科学の各領域による最新の理論と実践について学び、「スポーツ科学総論」ではスポーツにおけるパフォーマンスの向上について、バイオメカニクス的、生理的、心理的およびコーチングの面から指導現場における問題意識と課題を解決するために必要な取り組みについて学ぶことにします。
    さらに「研究倫理」では科学の健全な発展のために科学者として必要な考え方として1)責任ある研究活動とは何か、2)高い倫理性に基づく研究の進め方、3)適正な研究成果の発表について理解を深めます。
  2. 「健康・スポーツ教育学分野科目」は、健康教育およびスポーツ教育についての専門知識を高め、高い指導力を有した教育のスペシャリストを養成するための科目区分です。
  3. 「健康・体力科学分野科目」は医学、運動生理学、レジャー・レクリエーションおよび行動科学の専門知識を高め、高い指導力を有した健康をサポートできる運動指導者のスペシャリストを養成するための科目区分です。
  4. 「スポーツトレーニング科学分野科目」はスポーツ動作、技術、心理および体力について科学的手法を用いて分析・評価を行い、競技種目特性に応じた適切なトレーニングプログラムやコンディショニングプログラムを立案・指導できるスペシャリストを養成するための科目区分です。
  5. 「スポーツビジネス分野科目」は経営学や商学の基礎を理解した上で健康・スポーツ関連の最新のビジネスや女性に関連が深いビジネスについて考える力を養い、起業についてのプロセスを理解するための科目区分です。
  6. 「リハビリテーション科学分野科目」は医学、理学療法学、健康科学などの専門知識を高め、問題解決能力と研究能力を有した健康をサポートできる有資格理学療法士のスペシャリストを養成するための科目区分です。
  7. 「論文作成研究科目」では、修士論文の作成準備に必要な内容を含んだ「課題研究Ⅰ」と関連する最新情報を交えて論理的な思考で論文作成に導く「課題研究Ⅱ」を設けます。

なお、本専攻で掲げたディプロマ・ポリシー達成の評価は、学位論文審査要件(学術雑誌への投稿又は学会発表)と修士論文をもって総括的に行います。

▲このページの先頭へ