健康・スポーツ科学研究科 健康・スポーツ科学専攻

 健康・体力科学分野、スポーツトレーニング科学分野およびリハビリテーション科学分野に関する、より深化した教育と研究を行い、人々の「生活の質」の向上を実現するために必要な高度の専門性を有し、併せて豊かな人間性と協調性を兼ね備えた地域社会に貢献できる職業人や社会において指導的役割を担う人材を養成することを目的としています。

主な研究分野

「健康・体力科学」「スポーツトレーニング科学」「リハビリテーション科学」

主な開講科目

  • 健康科学総論
  • スポーツ科学総論
  • スポーツ・リハビリテーション科学研究法
  • 身体運動評価学実習
  • スポーツ生理学特論
  • 健康運動学特論
  • 健康体力学特論
  • 健康行動学特論
  • 運動制御学特論
  • スポーツ傷害学特論
  • レジャー・レクリエーション学特論
  • スポーツ心理学特論
  • 保健体育科教育学特論
  • スポーツ教育学特論
  • 数理スポーツ科学特論
  • スポーツコーチング特論
  • スポーツトレーニング科学特論
  • 運動機能回復学特論
  • 運動機能障害学特論
  • 分子機能回復学特論

教員一覧

研究科長

学科長

教授

准教授

講師

アドミッションポリシー

健康・スポーツ科学専攻

本専攻が掲げる目的や養成する人材に応じて、透明性の高い公正な入学者の選抜試験を複数の機会や方法で行います。本学が掲げる目的・目標や伝統を理解し、明確な目的意識を持って、高度な専門性を要する職業に必要な知識・技術を積極的に獲得しようとする者を求めています。

本専攻が求める人材は、次のとおりです。

修士課程

健康・スポーツを科学的・専門的に学ぼうとする意欲を持ち、①幅広い年齢層における疾病の一次予防を目的とした運動処方や二次予防として種々の病態に相応しい運動療法について、高度な医科学的知識に加えて、行動科学的なアプローチに精通しようとする健康運動指導士や健康運動実践指導者、さらに管理栄養士などの資格を有する者、②より専門的な科学的理論に裏付けられた運動発達のプロセスやトレーニングの原則、スポーツ傷害の予防及び回復に関する高度な医科学的知識と能力を兼ね備え、体育授業やスポーツ行事、運動部活動などの指導をしようとする保健体育教員の資格を有する者、③健康や体力、スポーツトレーニングに関する知識と能力を兼ね備え、リハビリテーションを通して、臨床現場や地域社会で、高い問題解決能力と技術を用いて、指導的役割を担おうとする理学療法士の資格を有する者を受け入れます。

選抜試験の方法は、次のとおりです。

  1. 推薦入試
    本学健康・スポーツ科学科卒業者(見込み者を含む)のほか、他大学の体育・スポーツ系、栄養系、理学療法系学科の卒業生(見込み者を含む)を対象とするもので、書類審査、小論文及び面接によって合否を決定します。
  2. スポーツ推薦入試
    本学健康・スポーツ科学科卒業者(見込み者を含む)のほか、他大学の体育・スポーツ系学部・学科を卒業する者(見込み者を含む)で、スポーツ競技成績が優秀であり、入学後も勉学に努めながら、スポーツ競技を継続して行う意思のある者に対して、書類審査、小論文と面接によって合否を決定します。
  3. 一般選抜
    健康科学に関する共通問題と健康・体力科学分野、スポーツトレーニング科学分野及びリハビリテーション科学分野から1分野を選択する専門科目と英語の筆記試験と面接によって合否を決定します。なお一般入試(後期)は、英語はありません。
  4. 社会人特別選抜
    本学が定める入学資格を有し、大学卒業後、原則として同一の企業、官公庁、教育・研究機関、医療・福祉・保健機関等において、2年以上の専門的な実務経験(通算可)を有し、入学後もその身分を継続できる者を対象に、書類審査、小論文及び面接によって合否を決定します。

カリキュラムポリシー

健康・スポーツ科学専攻

修士課程

子供から高齢者までの幅広い層の人々の生活の質(QOL)の向上を目指すため、「健康・体力科学分野」「スポーツトレーニング科学分野」及び「リハビリテーション分野」の3分野からなる教育課程を編成しています。

[1] 人体の構造と機能について系統的に理解し、「関節運動」「身体運動の発現と制御」「多関節運動」「運動に伴う姿勢調節」「高次脳機能」「精神機能」などに 関する最新の知識を学びます。

[2] 身体運動やスポーツトレーニングに関する最新の知識を学び、併せて医師、アスレティックトレーナー及び理学療法士の視点による傷害予防とハリビリテーションに関する高度な知識と実践力を養成します。

[3] 一次・二次予防に関する最新の知識をはじめ、行動科学に関連するストレス反応や運動習慣、活動的なライフスタイルの維持・継続のための行動科学アプローチの知識と実践力を養成します。

[4] スポーツ競技力の構成を理解し、競技特性に応じた専門的体力のトレーニング方法と評価方法に関する知識を有し実践できる能力を養成します。

[5] レジャー・レクリエーションに関連する原理、心理、運動論、指導論、組織論などの基礎理論を学びます。

[6] 地域保健の視点から、身体運動とリハビリテーションにおける生活機能・社会参加支援などに関する知識を学びます。

[7] 最先端のスポーツ医科学、リハビリテーションに関する情報を修得し、進んで研究できる能力を養成します。

研究指導は、入学時に面接の上、指導教授を決定します。指導教授は、課題研究Ⅰ・Ⅱ(必修科目)を担当し、研究課題の決定、研究計画の作成への指導助言を行い、修士論文の作成を指導します。
また標準修業年限を超えて履修することができる長期履修学生制度や昼夜開講形態を採るなど、修学上の多様なニーズにも配慮しています。

▲このページの先頭へ