情報検索

英語多読書について

多読とは、専用の教材を辞書を使わずに、分からないところは飛ばしながら“とにかくたくさん読む”学習方法です。
まずは語彙数の少ない簡単なものから読み始め、徐々にレベルを上げていきます。
資料は、ダウンロードして各自のスマートフォンやタブレット端末等から利用できる電子ブックと、中央図書館5階に専用のコーナーがあります。

レベル
語彙数 500語まで 800語まで 1,300語まで 2,000語まで 2,800語まで 3,000語以上
1冊あたり
の語数
3,000語以内 5,000語以内 10,000語以内

電子ブック

Web本棚「ブクログ」を使った電子ブックが利用できます。 本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ

学内からリモートアクセスのアカウント登録をすると、自宅、帰省先、出張・留学先など、学外からでも利用できるようになります。詳細はこちら

英語多読書コーナー

中央図書館の5階にレベルごとに分けて置いています。
他の資料と同じ2週間の貸出が可能です。(予約・延長・取り寄せも可能)
利用についての詳細はこちら

英語多読コーナーは武庫川女子大学附属図書館 中央図書館5Fの北東にあります。
貸出冊数は通常の貸出冊数に含まれます

蔵書検索画面では「配架場所」は「5階資格」になっています。

英語多読書
5階英語多読書コーナー
レベルごとに分けて並べています
  1段目 多読
2段目 レベル
3段目 同一レベル内でのアルファベット順 

English Plaza

授業開講期の月・水・金曜日の昼休みに、中央図書館1階のライブラリー・カフェで、ネイティブスピーカーとともに、英語スキルに関わらず、気軽に英会話を楽しめるグループレッスンを行っています。12:20〜12:40と12:40〜13:00の2部制で、先着順に参加してもらうことができますので、興味のある人はライブラリー・カフェまで直接来てください。
  

International Plaza

授業開講期の火曜日と木曜日の昼休みに、中央図書館3階のC-301で、ネイティブスピーカーと最近の話題や世界の国々についてディスカッションしながら語学力を養えるレッスンを行っています。TOEIC 500点以上のスコアを持っている学生が対象です。火・木曜日とも12:15〜13:00に実施していますので、国際センターに事前予約の上、中央図書館3階C-301まで来てください。詳細はこちら
  

Writing Plaza

授業開講期の水曜日と金曜日に、中央図書館5階で英文添削サポートデスク「Writing Plaza」を行っています。文章の組み立て方から、文法事項や構文、自然な表現となっているかなどの観点から、ネイティブスピーカーが確認・添削します。ただし、文章内容については修正を行いません。目標は、学生の皆さん自身がより良い書き手となることです。
水・金曜日とも12:20〜17:20に実施していますので、下記予約ページから予約の上、中央図書館5階まで来てください。


<取り扱い可能な英文例>
・留学の際の必要書類(履歴書、エッセイ、研究計画など)
・電子メールや手紙の文面
・英語スピーチの原稿
・Book Club 書評(大英・短英)
・TOEIC Speaking & Writing など、ライティングテストのチェック
・イベントやアルバイトなどで使う英語表現

その他の英文添削が対応可能はどうかは、外国語教育推進室(MM館2階)に確認してください。

MELs(Mukogawa English Learning Support system)

MELsは、PCやスマホアプリでいつでもどこでも英語を学習できる、武庫女生のためのe-Learningのことです。英語の自己学習に役立ててください。
(アクセス方法)
武庫川女子大学HP > 在学生の方 > オンラインサービス > MELs
※MWU-netのIDとパスワードでログインしてください。

Skypeルーム

文学2号館(L2)2階にある、インターネットを介したテレビ電話で英会話のレッスンが無料で受講できるSkypeルーム。9つのブースが設置され、全学科の学生を対象に、ビギナーからアドバンストまでの7つのレッスンレベルが用意されています。
中央図書館2階グローバル・スタジオにもSkypeができる多言語(日・英・中・韓)対応パソコンがあります。