実験動物

動物種と動物飼育数

 2つの飼養保管施設で、マウス、ラット、モルモット、ウサギを飼養しています。年度ごとの飼養保管数は以下の通りです。 
 2016年度 マウス3413匹、ラット1140匹、モルモット21匹、ウサギ7匹
 2015年度 マウス3520匹、ラット1193匹、モルモット21匹、ウサギ8匹

飼養保管施設数

 飼養保管施設は、「薬学部実験動物センター」と「生活環境学部動物実験施設」の2ヵ所です。それぞれの施設の詳細は、概要の「飼養保管施設」をご覧ください。
 

微生物モニタリング

 飼育環境管理の一環として、定期的に微生物のモニタリングを実施しています。2つの飼養保管施設(薬学部および生活環境学部)で飼養される動物を対象に検査をおこない、汚染などがないことを確認しています。
 2016年2月、8月、2017年2月に、微生物モニタリングを実施し、陰性であることが確認されています。