教員紹介

成人看護学(慢性期)分野【生涯発達看護学領域】

  • 川端 京子(カワバタ キョウコ)教授
  • 名前: 川端 京子(カワバタ キョウコ)教授
    学位: 博士(看護学)
    学歴: 千葉大学大学院看護学研究科看護学専攻博士課程修了
    職歴: 大阪市立大学医学部附属病院
    主な担当科目: 成人看護学ⅠA,ⅠB、サポーティブケア、成人看護学Ⅱ(慢性期)、成人看護学実習(慢性期)、統合看護実習、卒業研究、看護研究方法論、生涯発達看護学総論、生涯発達看護学特論A、生涯発達看護学演習、特別研究など
    研究テーマ: 慢性腎不全患者の保存期、透析期のケア、糖尿病腎症や足病変のケア、がん化学療法を受ける患者のケアなど
    教員研究業績   http://www.mukogawa-u.ac.jp/gakuin/gyoseki/pdf/id_21402.pdf

先生への質問

武庫女の看護学部のオススメポイントは何ですか?

全教員が1人々の学生意見に耳を傾け、自主性を尊重する考え方があること。また、国民の健康を守り、患者さんに適切な援助ができる看護職者を輩出するために、国家試験合格を目指す充実した学習環境や実習体制を準備していること。

看護学部をめざす高校生の皆様へメッセージをお願いします!

生命倫理の4つの原則(自律尊重、善行、無危害、正義)をご存知でしょうか?看護職者の立場で生命倫理の4原則を考えると、①自律尊重原則:患者の自律を尊重し、自己決定できるような情報提供や疑問への丁寧な説明などの援助行なう。②善行原則:医療専門職者の考える患者にとっての利益だけでなく、その患者に考えられる最善の利益を考慮すること。③無危害原則:看護職者の無危害の責務として、転倒、転落の予防など、注意を払い、リスクを回避し、患者が安全に生活できるなどの援助をする。④正義原則:様々な医療・社会状況の中で、個々の患者に利用可能な限りの医療や看護を提供するなどです。
このように看護職者も生命倫理をしっかり理解し、実践していく職種です。一緒に学んでいきましょう!

大学院看護学研究科をめざす皆様へメッセージをお願いします!

武庫川女子大学大学院看護学研究科は、臨床現場でがんばっている看護職者をしっかり支援できる大学院です。率直に感じる問題意識を大切にし、その問題を多様な視点で吟味する方法を学び、それらの問題解決または改善に向けての研究を支援していきます。
一緒に学びませんか?