ご挨拶
保育園に新しい風、広がる子どもと家族の未来

大槻園長
左:糸魚川学長 右:大槻園長

 武庫川女子大学附属保育園は平成22年の開園以来、武庫川学院の立学の精神のもと、子どもたちをありのまま受け止め、一人一人の育ちを大切にした保育を進めてまいりました。

 子どもたちにとって、保育園は一日の大半を過ごす貴重な場所です。人格形成の基礎となる乳幼児期を保護者の皆様と二人三脚で、大学との連携も密にとりながらその健やかな心身の発達を支えていくことが保育園としての重要な役割と考えています。保護者の皆様が「預けてよかった」子どもたちも「あしたもあそびたいな」と思えるような笑顔あふれる保育園でありたいと思います。

 また、皆様のご理解ご協力を得ながら、地域に愛され地域の子育てステーションとしての役割も担えるようこれからも様々な活動を進めてまいりたいと思っております。

園長 大槻 伸子