褒賞制度

褒賞制度とは、学業・学友会活動・その他、在学中に優秀な成績・特筆すべき行いを修めた学生に賞を与え、賛える制度で、本学の褒賞制度には、「公江特待生」「大河原学院長賞」、その他「学長賞」「功労賞」「文化賞」「体育賞」「善行賞」があります。

これらの褒賞制度は、学科の推薦や学友会からの推薦などを受けて、選考・決定されます。いずれも日々の努力が重要であり、受賞は非常に名誉なことです。

在学時の褒賞制度

公江こうえ特待生

条件

各学部学科から推薦を受けた学術優秀で、本学の学生として真にふさわしい者が対象となり、学力・人物の総合的判断により、選考委員会において決定されます。
選考の効力は1年間です。(49名程度)

内容

褒賞状及び褒賞金25万円が授与されます。

大河原おおかわら学院長賞

条件

学友会公認団体に所属する個人及び団体、もしくは学外の団体に所属する個人で、体育活動又は文化活動において一定基準以上の成績を収めた又は世界レベルの大会に出場したものに対し、褒賞が与えられます。

褒賞は1年度につき1回限りとします。

内容

それぞれの成績に準じて褒賞状及び褒賞金が授与されます。

学生部長賞

条件

体育活動又は文化活動において、所定の成績を収めた学友会公認団体に所属する個人又は団体 (大河原学院長賞の受賞者・受賞団体は除く)に対し、褒賞が与えられます。

褒賞は1年度につき1回限りとします。

内容

それぞれの成績に準じて褒賞状及び褒賞金が授与されます。

All-Mukogawa Academic Student-Athlete Award

条件

運動系クラブ・同好会に所属する学生のうち、優秀な学業成績を修めた学生アスリート、サポートスタッフ、チームを表彰します。

内容

個人 表彰状・記念品
団体 表彰状

※「公江こうえ特待生」制度は創設者・公江喜市郎こうえきいちろう先生の篤志を、「大河原おおかわら学院長賞」制度は現学院長・大河原量おおかわらりょう先生の篤志を基金として設立されたものです。

卒業時の各種表彰

卒業式には「学長賞」「功労賞」「文化賞」「体育賞」「善行賞」の授与が行われます。

学長賞

条件

本学に在籍し、学術優秀でかつ本学の学生を代表するにふさわしい者を学科において選考し、決定されます。

内容

表彰状及び副賞が授与されます。

功労賞

条件

卒業まで在籍し、学友会の中枢である総務委員会の経験のある学生及び他の学友会委員会の委員を2期以上経験し、当該委員会指導顧問が推薦する者に対して授与します。

内容

表彰状及び記念品が授与されます。

文化賞

条件

卒業時までいずれかの学友会文化系公認団体に所属し、基準以上の成績を上げた者に対して授与します。

内容

表彰状及び記念品が授与されます。

体育賞

条件

卒業時までいずれかの学友会運動系公認団体に所属し、基準以上の成績を上げた者に対して授与します。ただし、団体入賞の場合には、大会登録選手のうち主力選手として活躍した者に限り授与します。

内容

表彰状及び記念品が授与されます。

善行賞

条件

学内外において、在学期間中継続的に善行的行為を行った者(個人)で基準に該当する者に対して授与します。

内容

表彰状及び記念品が授与されます。

※その他、学科独自の表彰が設けられている場合があります。