施設紹介


生活環境学科・生活造形学科の実習・実験は、主に生活環境1号館(1985年竣工)と1号館別館(1993年9月竣工、2001年3月22日増築部分竣工)で行われています。教員研究室もここにあります。以下では授業が行われている部屋を紹介します。

生活環境館
生活環境1号館

1号館は、主として衣生活・住生活のための材料を科学する実験室や、ファッションを創作するための実習室があります。人工気候室をはじめとする先進的な設備、種々の測定を行うことのできる種々の高度な機器など、充実した設備を誇っています。
また、実験台、ロッカー、机、椅子などには、デンマーク製の家具が多く使われています。トイレは2012年夏に更新され、各階に1台ずつウォシュレットが設置されています。

1号館と別館の渡り廊下

1号館別館、およびその渡り廊下は、建物そのものも学生の教材と考えて設計されました。ガラス張りの渡り廊下、中央の中庭に面して大きな開口部のある空間配置の別館は、従来の学校建築にはあまり見られない、求心的な空間構成となっていますし、床・壁面も優れた質感のものが用いらています。さらには、特別にデザインされた照明、北欧の新しいデザインの家具、タペストリーなどによって、豊かな空間が演出されています。

生活環境1号館別館

生活環境を構成する空間の、ひろがり・形・色・光・音など、人間が五感で感じることのできる情報を総合的にとらえ、実験ができるように、この建物は作られました。そのために様々な実習室(下の説明参照)があり、これらのユニークな設備を備えて、新しい教育の実践を目指しています。さらに、増築部分が加わったことで、さらに充実した建物になりました。

生活環境1号館
材料科学実験室

この種の実験室は3室あり、衣料やインテリアの材料として使われる繊維や、そのもとになる高分子物質についての実験や、染色や洗濯(洗浄)の実験をします。

恒温恒湿室

この実験室では、着心地や布の手触り、伸びやすさ、水分の吸いやすさ等物理的な性質を測定します。布の性質は温度や湿度の影響をうけて変わりますので、実験室はいつも20℃、湿度65%に保たれています。

被服造形実習室

既製衣料の生産プロセスの前段階として、個別制作を中心に和裁も含めた平面裁断から立体裁断に及ぶパターンメーキングを行います。また、身体計測実習ができるような設備や、マルチメディア設備が整えてあります。

アパレル生産実習室

この実習室には、工業的に衣服を生産する全工程を実地に学ぶための各種の機器(延反機、裁断機、各種工業用ミシン・工業用アイロン仕上げ装置など)を備えています。既製衣料の生産プロセスの理解を深めることができます。

生活造形実習室

この実習室では、自分でデザインした家具やインテリア小物などを自分の手で実物として作りあげます。材料を加工する機械や工具が備わっています。

生活材料実験室

この実習室は、主に建築材料に関する実験を行うことができるような設備が整っています。

光環境実験室

この実習室の天井には、様々な光を出すことのできる蛍光灯が装備されており、照明の効果に関する実験をすることができます。

住環境実験室

快適な住環境に関する実験ができるように、温度10度から35度、湿度20%から80%に調節できるようになっています。

生活環境1号館別館
実体験ラボ

この部屋は、部屋の広さや天井の高さを自由に変えて空間の大きさを実体験できるラボ(実験室)です。天井や壁の仕上げを変えたり、照明器具をつけることもできます。有名デザイナーの椅子を用いて、家具の配置や空間の大きさとの関係を調べます。

総合スタジオ

このスタジオは、様々なショーを行ったり、色彩学関係の演習のための部屋です。フローリングの床と本格的な音響・照明の設備を備えています。色彩を自由にコントロールできる特殊な照明設備もあり、照明による服の色の見え方の違いも体験できます。

プレゼンテーションルーム

この部屋では、様々な映像、音響の設備(ビデオ、書画カメラ、スライド等)を使って、プレゼンテーション(自分のアイデアや提案を他人に伝えること)ができます。壁際の棚は、学生が製作したパネルや模型の展示に使えるような工夫もしてあります。

製図室

設計製図を行う実習室で、製図台と平行定規が1人1台使えます。大型の実物投影機があり,図面や模型を大きなスクリーンに映しながら実習を進めることができます。つまり,マルチメディア実習室となっています。

コンピューター演習室

Windowsパソコン30台を備えた部屋です。Offeiceソフトのほかに、CGや建築・アパレルCADのソフトが使えます。大型プリンターも2台設置されています。学生の自習や、小規模授業に使われます。

学科内ギャラリー

生活環境1号館内のホールやラウンジには、学生作品が展示できるようなスペースを数多く作り、「学科内ギャラリー」としています。

ラウンジ

大学生活では友達との交流も非常に大切です。このラウンジは誰でも気軽に休憩やおしゃべりに利用できるちょっとした溜まり場です。大学内にはこの他にもラウンジはありましたが,別館の増築工事に伴って学科専用ともいえるラウンジが新しく出来ました。

非常階段

別館は,おしゃれでユニークな建物です。その象徴ともいえるのが中庭の存在です。地下1階から3階まで、中庭の全面がガラスの戸で囲まれていますから,どのフロアにいても気持ちのいい光や風を感じることができます。写真の螺旋階段は非常用の階段ですがデザインがおしゃれです。この様にこの建物には見所がいっぱいあります。

日下記念マルチメディア館
コンピューター室

コンピュータを使ったデザインの総合的な制作活動に利用する部屋です。日下記念マルチメディア館にあり、2006年度後期からは、2室になりました。高性能のパソコン(Macintosh)が100台以上並んでいます。モニターは2台ずつあり、1台は作業用、もう1台は教員からの教材呈示用です。スキャナーも1人1台配置されています。実習で利用するソフトは,建築やインテリア・アパレル業界で実際に利用しているプロ用のものです。即戦力が身につきます。

武庫川女子大学中央キャンパス内の生活環境1号館・1号館別館の位置関係は、 武庫川女子大学公式ホームページ内の図 をご覧下さい。