武庫川女子大学の公式サイト にも、当学科に関係した話題(ニュース)等が紹介されていますのでご覧ください。
以前のTopicsも以下のリンクからご確認いただけます。


2018


武庫川女子大学の体育祭が5月19日、20日の2日間にわたって盛大に行われ、本学科の学生も大いに活躍しました。
2018.05.22

 5月19、20日に本学でおこなわれた第54回体育祭では、恒例の応援合戦やコスチューム演技、王様ドッジボールなどに加え、クラス対抗「ムコ☆スタ総選挙」が開催されました。
 この企画は、クラス全員で衣装を揃えてクラス写真を撮り投稿し、その投稿された写真の中から最も「ムコ☆スタ」にふさわしいクラスに学生達が投票する武庫女オリジナルの総選挙です。
 今年度の総選挙では、短大生活造形学科の1年Aクラスが乃木坂46ならぬ「武庫川30」をコンセプトに、見事2位を獲得し表彰されました。


 そのほか、王様ドッジボールでは同じく短大生活造形学科1年Aクラスと、大学生活環境学科1年Cクラスが決勝トーナメント戦に進出し、生活環境学科1年Cクラスは強豪の他学科を撃破しベスト8まで勝ち進み、次年度のシード枠を獲得しました。

 各クラスが競い合うことで、クラス全体に団結力が芽生え、皆で楽しみも分かち合いながら、とても思い出に残る体育祭になったようです。

  • 短生1Aのムコスタ「武庫川30」
  • ムコスタ表彰式後
インテリアコーディネーター資格試験に、生活環境学科と生活造形学科の学生18人が合格しました。
2018.04.17

<武庫川女子大学 「ニュース・最新情報」 より転載>

 第35回インテリアコーディネーター資格試験に、本学の資格対策講座を受講した生活環境学科と、短期大学部生活造形学科の学生18人が合格しました。

 インテリアコーディネーター試験は、インテリアコーディネーターに求められる専門知識を幅広く問われる難易度の高い試験で、有資格者は住宅メーカー、リフォーム会社、設計事務所、インテリア商品を扱う企業などで幅広く活躍でき就職にも有利です。

 高野千乃さん(4年生)=写真左の一番左=は、「この資格を取ろうと思ったきっかけは、大学生の勉強の集大成として今後の授業や就職活動に生かせると思ったからです。授業と課題の両立が難しく大変でしたが、2年目は問題集の回答を覚えるまで何度も問題を解きました」。

 濱本実歩さん(4年生)=写真左の左から3番目=「試験日と所属する部活の本番の日程が近かったので、両立が大変でした。講座で学んだことを効率的に覚えるために、講座後に要点を復習することを心掛けていました。資格の勉強は大変だと思うこともありましたが、資格が取得できて自信につながったので良かったです。学んだことを生かし、建築やインテリアに携わる仕事ができればと考えています」。

 松浦未央子さん(4年生)=写真右の左から3人目=は、「大学で授業を受けるだけでなく、何か自分の強みになるものを取得したいと考えていた時に、先生が授業でインテリアコーディネーターの資格を紹介してくださったのでこの資格を取ろうと思いました。資格を取得できたことが自分の自信につながり、残りの学生生活はもちろん、社会人になっても興味を持ったことにどんどんチャレンジしていきたいです」とコメントしています。

 今回の試験では、一次試験の「学科」科目と二次試験の「論文・プレゼンテーション」科目を通じた受験者8569人のうち合格者は1931人(合格率は22.5%)。その中で大学院・大学・短大生の合格者は129人で、合格者全体の中では6.7%でした。

合格者は以下の通りです。

● 大学 生活環境学科
・岡井咲樹さん(2017年3月卒業)
・高野千乃さん(4年生)
・田中唯香さん(4年生)
・濱本実歩さん(4年生)
・松浦未央子さん(4年生)
・大和真弓さん(4年生)
・鍋坂日向子さん(4年生)
・南湖紗帆さん(4年生)
・平田七海さん(4年生)
・福田絢華さん(4年生)
・福田靖子さん(4年生)
・渕山亜佐美さん(4年生)
・山岡奈央さん(4年生)
・池田純菜さん(3年生)
・加納萌乃さん(3年生)
・八田奈々恵さん(3年生)

● 短大 生活造形学科
・池口怜那さん(2017年3月卒業)
・逸見春菜さん(2年生)

 本学の資格サポート窓口では、「インテリアコーディネーター試験対策講座」のほかにも様々な講座を開講し、就職活動や将来の夢に備えるためのスキルアップを目指す学生をバックアップしています。資格サポート窓口の詳細はこちら。
 生活環境学科・生活造形学科では、インテリアコーディネーター資格の取得を推奨しています。

大学・生活環境学科および短大・生活造形学科の新入生歓迎会が行われました。
2018.04.07

在学生のお世話による新入生歓迎会が、大学・生活環境学科は4月5日(木)に、短大・生活造形学科は4月7日(土)にS館の教室で行われました。学科の教員が一言ずつ挨拶をしたあと、学生たちの次の活動が紹介され、一緒にやりましょうと呼びかけられました。お菓子やジュースが振る舞われ、和やかな雰囲気で行われました。

  • 教員挨拶
  • 学生の活動の紹介
    幹事会
    武庫川女子大学では、大学・短期大学部の全学生で構成される「学友会」があります。クラスの代表としてクラス幹事、学科代表として幹事長が選出され、クラス・学科の代表としてさまざまな活動を行っています。大学全体の活動の他に、学科の活動として、新入生歓迎会をはじめとする様々なイベントを主体的に企画しており、活動内容について紹介されました。
    文化祭ファッションショー
    毎年、生活環境学科・生活造形学科の有志の学生で、武庫川女子大学の文化祭でファッションショーを行っています。ファッションショーの活動内容について、昨年の映像や写真、衣装を実際に紹介しながら説明が行われました。
    これまでのファッションショーの様子は文化祭ファッションショーのページ でご覧いただけます。
    +create press
    「+create press」は授業以外でも作品制作や発表、様々な活動を企画していきたいという生活環境学科・生活造形学科の学生を応援するために立ち上げられたプロジェクトで、生活環境学科・生活造形学科の学生向けのフリーペーパー(年間に3号ほどが発行される)を制作しています。取材・撮影・編集も全て学生が行っており、活動内容について紹介が行われました。
    古民家族
    「古民家族」は、西宮市北部の山口町にあった解体寸前の茅葺き古民家を生活環境学科の学生を中心とするボランティアの手で自力修復する古民家再生プロジェクトです。いろり作りや屋根の修復作業など、これまでの活動について紹介されました。
    プロジェクトの様子は、古民家再生プロジェクト(外部サイト) でご覧いただけます。
    海外研修
    生活環境学科と生活造形学科では、ほぼ毎年、海外研修を実施しています。 夏の武庫川女子大学アメリカ分校(Mukogawa Fort Wright Institute=MFWI:アメリカ西海岸、ワシントン州スポケーン市)での研修、 2月~3月のヨーロッパ研修について紹介されました。
    これまでの海外研修の様子は海外研修のページ をご覧いただけます。
  • 閉会の挨拶
  • 学科長挨拶(短大)
  • 幹事教授挨拶(大学)
  • 幹事会の紹介(大学)
  • ファッションショーの紹介(短大)
  • 古民家族の紹介(短大)
  • +create pressの紹介(短大)