武庫川女子大学文学部 心理・社会福祉学科 短期大学部 心理・人間関係学科

MUKOGAWA WOMEN’S UNIVERSITY Department of Psychology and Social Welfare Department of Psychology and Human Relations

専攻長メッセージ

 専攻長 萱村 俊哉

武庫川女子大学大学院
文学研究科臨床心理学専攻
専攻長 萱村 俊哉

 臨床心理学専攻は2019年で20周年を迎えました。この間、修了生の数は300名を超え、その多くが臨床心理士として教育、福祉、医療等の分野で活躍しています。また2018年からは、臨床心理士とともに、国家資格である公認心理師の養成も開始しました。私たちは、臨床心理士養成で培ったノウハウを継承しながらも、教育や医療といった特定領域を超え、多職種連携を中心的に担える実践力の高い公認心理師を育てることを目指しています。
 一方、心理学という学問的基盤の上にこれらの資格があるという認識に立ち、私たちは研究指導も重視しています。学問的基盤がぜい弱なら、その上にどれほど臨床トレーニングを積んでもそれは決して結実しないでしょう。あるいは、臨床と研究は一枚のコインの表裏の関係にあり、学問的裏付けのない臨床家というのはそもそも存在しえないとも考えています。
 さらにもう一つ、私たちが重視するのは、「他者を思いやる心」です。これは、臨床トレーニングや研究の延長線上に醸成されるという側面もありますが、むしろ日ごろの生活の中で培われるものです。すなわち、一人の生活者として自分と他者を大切にすること、そして両者の出会いをかけがえのないものとして慈しむことこそが思いやりの心を育むのです。その意味で、日常のさまざまな場面において、私たちは大学院生一人ひとりとの関係を大事にしています。
 私たちは、みなさんが臨床と研究の能力を開花させ、そして思いやりの心に磨きをかけるお手伝いをしたいと考えています。ぜひ本専攻への進学をご検討ください。