福井大学教育地域科学部 田中美吏研究室      Sport Psychology & Human Motor Control/Learning Lab.
研究室ゼミ

進行中の外部資金研究課題
New
<研究代表者として実施する研究>
研究課題名「プレッシャー下でのパフォーマンス―意思決定を含めた包括的理解―」、研究代表者:田中美吏(武庫川女子大学)、研究分担者:佐々木丈予氏(国立スポーツ科学センター)、基盤研究(C)、令和2〜4年度.

New
<研究分担者として関わる研究>
研究課題名「無心の認知科学」、研究代表者:野村理朗氏(京都大学教育学研究科)、挑戦的萌芽研究(萌芽)、令和2〜4年度.

<連携研究者として関わる研究>
研究課題名「女性におけるライフイベント時の身体活動に影響を及ぼす心理社会的要因の解明」、研究代表者:松本裕史氏(武庫川女子大学)、基盤研究(C)、平成29〜令和2年度.

<研究協力者として関わる研究>
研究課題名「体操競技者の技認知における脳内および視覚メカニズムの解明」、研究代表者:五藤佳奈氏(武庫川女子大学)、若手研究(B)、平成28〜令和3年度.



研究テーマ

テーマ@ 心理的プレッシャー下における運動制御機構の機能変化

スポーツの試合場面における心理的プレッシャーの克服は、多くのスポーツ選手が抱える大きな悩みです。本テーマでは、プレッシャー下ではなぜ普段通りのプレーが出来ないのかに迫ることを目標に、プレッシャー下でスポーツ動作から日常生活動作に至るまでの様々な運動技能を遂行するときの運動制御機構の機能変化の解明を試みています。経頭蓋磁気刺激報(TMS)による運動誘発電位(MEP)、ならびに脊髄反射(H反射)を記録することで、高次中枢(大脳皮質)から低次中枢(脊髄)に至るまでの運動神経の興奮性を調べ、さらには筋電図(EMG)や動作解析による末梢での運動出力、ならびにパフォーマンス結果(成績)を詳細に調べています。


テーマA 「あがり」の適切な対処法の構築や提案

スポーツにおける「あがり」に関するこれまでの多くの研究では、認知的、生理学的、運動学的側面から「あがり」が生じる原因や、「あがり」時の症状を調べることが研究目的の中心でした。上に説明したテーマ@の研究もその一部と捉えることができます。このような研究から得られている知見をベースに、どのように「あがり」を適切に防ぐことができるかについての研究は、非常に大事な研究なのですが、実はここ数年で徐々に発展してきている研究分野になります。いよいよ?ようやく?といった感もありますが、当研究室でも今年度より本格的に、「あがり」の対処法に関する研究を実施して参ります。これまでの「あがり」に関する原因や症状を調べた先行研究から得られている知見を十分に活かし、認知的、運動学的、神経生理学的アプローチから、様々なスポーツ種目や運動技能に対して適切な対処法を構築し提案していけることを目標としています。


テーマB アスリートのイップスに関する実態調査と原因究明の基礎研究

野球やソフトボールの投球や送球、ゴルフのパッティングに代表されるように、長年の練習により自然に出来ていた動作が失調し、そのスキルのパフォーマンスが低下することはイップスと呼ばれ、多くのスポーツ選手が抱える悩みの1つであります。イップスが生じる原因には、心因性と神経性の両方があると提唱されていますが、その裏付けとなる学術研究は国内さらには国外を見渡しても数が少ない現状にあります。イップスに悩むスポーツ選手の助けになる研究実施を将来的な大きな目標に、先ずはスタート段階として、アンケート調査によるイップスの実態調査研究と、イップスを生じさせる運動制御メカニズムを究明する実験研究に取り組み始めています。

テーマC tDCSによる大脳皮質の興奮性調節が運動技能に及ぼす影響

大脳皮質の興奮性を局所的に促通もしくは抑制させるためのツールとして、経頭蓋直流電気刺激(tDCS)が神経生理学ならびにリハビリテーション分野で注目されています。現在、基礎研究段階として、脳卒中やジスとニアなどの運動障害の回復や、うつ病や認知症などの精神障害の回復に対するtDCSの効果が数多く報告されています。本テーマでは、tDCSをスポーツ科学分野にも応用させるための基礎研究として、運動機能の司令部ともいえる大脳の一次運動野の興奮性を局所的に促通もしくは抑制させ、そのときの運動パフォーマンスや、その背景にある筋活動、キネマティクスを詳細に調べています。将来的には、疲労回復、スポーツ傷害による運動機能の回復、イップスなどの精神・神経的問題への応用を考えています。同時に、スポーツにおけるドーピングにも発展しうる手法であるため、その基礎データの提供という意義も持ち合わせています。

テーマD アスリートのスランプに関する調査研究

田中ゆふ氏(近畿大学)・藤井純一氏(株式会社A・S/北海道日本ハムファイターズ)との共同研究

スポーツ選手にとって、技能の停滞や後退現象であるスランプは、試合に出られない、充実した競技生活を送れないなどの様々な問題を生みます。プロスポーツ選手においては引退の危機にも発展し得る、特に重要な問題でもあります。このようにスポーツの現場において重要視されている問題ではありますが、スランプに関する学術研究はあまりなされていません。本テーマでは、プロスポーツ選手や大学生スポーツ選手に対して、質問紙法を用いて不調時の心理面、体力面、技術面、生活面に関する調査を行うことでスランプの原因を探り、それを基にスランプを回避あるいは脱出するための考察や提案を行っています。

テーマE アスリートの競技力向上に対するメンタルサポート

心技体という言葉にもあるように、スポーツ選手の競技力向上や試合における実力発揮には、スポーツ科学に関する様々な分野のサポートが必要であり、メンタルサポートもその1つである。競技力向上や心理面の課題に関する個人面談を中心に、当研究室ではスポーツ選手に対するメンタルサポートを実施しています。

<以前のサポート活動>
 ・ライフル射撃ナショナルチーム選手
 ・フットサル社会人チーム JOGARBOLA (2012年度北信越リーグ優勝) <チームのHPへリンク>
 ・アミノヴァリュー・ランニングクラブin福井(AVRCinFukui)
 ・福井県スポーツ医科学センターにおける心理相談
 ・プロゴルファー、プロゴルフ研修生、アマチュアゴルファー
 ・大学男子バスケットボール部
 ・高校男子バスケットボール部
 ・サッカーユースチーム
 ・企業研修
 ・高校や中学における受験対策



研究やメンタルサポートに関する相談・問い合わせは、
メール・お電話・ファックスでお気軽にご連絡ください。

TEL&FAX 0798-45-9737(研究室直通)
E-mail tnk_at_mukogawa-u.ac.jp(_at_を@に変えてください)