修士課程 看護学研究保健師コース

保健師は、乳幼児や妊産婦、成人、高齢者といった全ての年齢層の方を対象とし、地域で暮らす人々が病気にならないように、健康でいられるように、病気と上手にお付き合いができるように、ご本人、ご家族、地域の人々、関係機関と共に考え、支援を行う看護職です。
看護学研究保健師コースでは、看護学研究コースの目的に加えて、公衆衛生看護学の専門性を高め、住民の健康の保持増進を実現していく実践力および保健行政への参画力を兼ね備えた、質の高い保健師を育成します。(保健師国家試験の受験資格を得ることができます)

本大学院の看護学研究保健師コースの4つの特徴
~保健師として活躍したいあなたをアシスト~

保健師国家試験受験資格取得

修士の教育課程(看護学研究コース)に保健師の教育課程を加えた、充実したカリキュラムで保健師国家試験受験資格取得をサポートします。
保健師国家試験合格に向け、e-learningや模擬試験、教員による国家試験対策講座などを行い、1年生から知識の習得状況の確認とそれに応じた個別の支援を定期的、継続的に行い、学びをサポートします。

少人数制、実践力を養う教育

1学年定員4名に対し、教員は4名の体制で講義、演習、実習、研究を連動させサポートします。学校・産業保健や保健福祉医療などの実践を有する講師による授業も行い、看護職として培った能力を礎にした実践力を養う教育を展開します。

充実した臨地実習

1年生では1年間を通して、1学生につき母子8回と高齢者8回の継続家庭訪問を行い、自ら対象者と関係を構築できる対人関係能力を養うとともに、自立心と判断力の獲得を目指します。
2年生では都市部、山間部でのW実習地で、地域の特性に応じた保健活動の実際を学びます。
7週間のすべての実習を教員が丁寧にサポートします。保健事業への参加および個別への支援を積み重ねることにより、公衆衛生看護活動の基盤となる知識や態度を身につけるとともに、支援を求めない人々、制度の網目から抜け落ちる人々、複雑困難な健康問題を有する人々への支援を探求します。

「充実した臨地実習の実際」はこちら

修士(看護学)の学位

保健師国家試験受験資格と修士(看護学)学位のW取得で、キャリアプランをサポートします。
演習と実習、修士論文を連動させ、実践に即した研究に取り組みます。研究では、研究疑問に基づき、研究課題の明確化、研究目的の設定、研究計画立案、研究倫理審査、データ収集、分析/ 解釈、考察、論文作成、発表が行えるように指導し、看護研究を行う基礎的な能力を育成します。

「演習・実習・修士論文の連動」はこちら

カリキュラム

看護学研究保健師コースでは、看護学研究コースの内容に加え、公衆衛生看護学に関する講義、演習、実習を含めてカリキュラムを構成しています。
本コースで目指す、複雑困難化する健康課題に対応できる能力を獲得するための科目を、様々開講しています。
科目例として、『対人援助論』では、人と人との関係や援助関係、こころの成長について対象関係論の考え方をもとに学びます。また、援助を求められない傾向にある人(知的障害、精神障害等)や、援助を求めない傾向にある人(アルコール・薬物依存症、虐待、パーソナリティ障害)、多様な問題をもった貧困家庭といった、援助関係を築くことが困難な事例を通して、対人援助のあり方や考え方について学びます。
『子ども・家庭福祉学特論』では、近年着目されている「アタッチメント」を軸に愛着の基礎理解、母子間における世代間連鎖、愛着障害の出現、不適切な関わりと虐待、学童期、思春期に与える影響、成人期以降に与えるとされる影響などについて、家族の発達段階を中心に学びます。

「授業科目(参考:2019年度)」はこちら

修了要件および履修方法

標準修業年限2年以上在学し、特別研究6単位、共通教育科目において専門基礎科目の必修科目4単位と「保健看護行政論」2単位の計6単位、関連科目の中から「福祉行政論特論」1単位と「栄養疫学特論」2単位の計3単位、専門教育科目において2つの看護学領域から主として専攻する看護学分野の領域の総論2単位と特論2単位および演習4単位の計8単位、公衆衛生看護学科目の必修科目25単位を含め、合計60単位以上を修得するとともに、かつ必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査および最終試験に合格しなければなりません。なお保健師国家試験受験資格を得るために、看護師免許証の交付を受けた上で、保健師助産師看護師学校養成所指定規則に定める所定の28単位を含む30単位を修得しなければなりません。

在学生・修了生の声

〈進学への思い〉Aさん

私は、看護師養成課程の実習の時、糖尿病の患者さんを担当させていただきました。その時、患者さんが「もう、好きな物も食べられない、どうして糖尿病になったんだろう」と話されていたことがとても印象的でした。私は、病気になる前に何とかできなかったのだろうかと考えました。そこで患者さんにお話を伺うと「健診は何年も前に受けたが、最近は全く受けていない」とのことでした。患者さんとの関わりを通して、日頃の生活を健康的なものにし、病気になる前から病気を予防することがとても大切であることを強く感じました。糖尿病をはじめ生活習慣病になる人を一人でも減らしたいという思いから、保健師を志し、大学院で勉強することに決めました。

〈母子への継続家庭訪問での学び〉Bさん

最初は、家庭訪問で何をしたらよいのか、お母さんとどう接したらよいのか分からず、とても不安でした。訪問では、赤ちゃんの計測を行い、お母さんのお話を伺うことで精一杯でした。しかし、訪問を重ねることで、少しずつお母さんとも話ができるようになり、お母さんがどんなことに困っているのか、何を大切に子育てされているのか、家族の関係性や周りのサポートの状況も分かるようになってきました。家庭訪問をするということは、対象者の生活の場に出向いていくということであり、出向くことでしか見えない、分からないことがあるのだということを知り、訪問することの必要性を理解することができました。8回の訪問を終えて、家庭訪問を行うことに自信が持てるようになりました。保健師になっても、積極的に家庭訪問を行い地域の方々と共に考えていきたいと思っています。

〈2年間を振り返って〉Cさん

大学院では、ディスカッションを通して学びを深める機会が多くあり、相手の意見を尊重し自発的に自分の意見を述べる姿勢が身につきました。保健師コースでは、講義・演習・実習が連動して展開されており、机上での学びから実践への学びへとプロセスを踏みながら着実に力をつけることができました。実習は、1年を通じた継続家庭訪問や乳幼児健康診査、高齢者の憩いの場への参加など、とても充実していました。それらの経験をもとに、修士論文では、生活習慣病に着目し、若年期からの生活習慣病予防のアプローチを検討し、その結果を保健所や住民の方々に還元させていただきました。現在は、大学院での学びを基盤として、産業保健の分野で保健師として活動しています。

実習施設

(2019年6月現在)

保健所・保健センター
地域包括支援センター

 西宮市高齢者あんしん窓口・高須

 西宮市高齢者あんしん窓口・小松

 西宮市高齢者あんしん窓口・上甲子園