学部案内

音楽学部について

音楽学部には、演奏学科(定員30名)と応用音楽学科(定員20名)があります。演奏学科では、演奏家として、また多様な音楽の場で即戦力として活躍できる人材を育てます。応用音楽学科では、音楽療法士やアートマネージャーなど音楽の専門知識・技術を社会に応用できる専門家を養成します。いずれの学科も実技レッスン科目は全て個人レッスンであり、クラス授業も少人数です。

また、学生と教員の距離が近く、アットホームで温かい雰囲気のなか、学習に集中できる環境にあります。

武庫川女子大学音楽学部構成 2021年度予定
音楽学部学科構成2021年度予定

音楽学部の学生が使用する「音楽館」には、演奏ホール(250 名収容)や半数以上にグランドピアノが設置された練習室40 室、レッスン室、音楽療法のセッションルーム、解析・観察室等があり充実しています。これらに加え、本学は総合大学なので他学部の学生とともに「共通教育科目」や特別学期(2-3 月)の講座を受講して幅広い教養を身に付けたり、「就職に強い」と言われる武庫川女子大学ならではのキャリアサポートや設備が利用できます。

海外研修

演奏学科の2019年3月の研修では、ドイツやチェコ共和国を訪れて第一線で活躍する教授陣から実技指導を受け、作曲家ゆかりの地を訪ねたり、オペラ鑑賞なども行いました。応用音楽学科では、ヨーロッパやアジア方面を訪れ、音楽療法の講義やワークショップ、施設見学などを実施します。研修の有無や行き先は、年度によって異なります。

ドレスデン音楽大学
ドレスデン音楽大学
演奏学科
紹介動画
応用音楽学科
紹介動画