応用音楽学科

応用音楽学科

理論と実践を学び、音楽を様々な現場で生かします。

応用音楽学科では、音楽の持つ様々な要素に注目し、音楽と社会をつなぐ専門家を養成します。これらには、音楽療法、アートマネジメント(芸術事業企画運営)、音楽教育等があります。

社会と音楽のつながりを見つめる分野の役割は、近年とても重要になっています。卒業後は、例えば音楽療法士、コンサートホールの企画運営部門担当者、音楽の指導者など、音楽を通して広く社会にはたらきかけていく専門家を目指します。

3年次よりゼミに分かれ、音楽療法と音楽活用の研究を深めます。カリキュラムにはピアノ・声楽共に45分間の個人レッスンがあるほか、実技科目、音楽基礎科目、多分野にわたる講義・演習・実習があります。

Point1音楽療法士(補)受験資格や中高教諭免許状が取得できる

音楽療法士や中高音楽教諭などの資格取得を目指したトレーニングをニーズに合わせてしっかりと行います。

Point2少人数ゼミで興味に応じて音楽を学べる

希望する研究テーマに沿って4つのゼミに分かれ、音楽療法、音楽活用、音楽教育や音楽心理学などの専門的な内容を学び、研究することができます。

Point3実習や音楽企画で身につく社会人基礎力

医療機関などでの音楽療法実習や、学外で開催するコンサートの企画運営などを通し、幅広い社会人基礎力を身に付けます。

先輩からのメッセージ

植村 真帆

先輩からのメッセージ植村 真帆さん
Message
『音楽というのは、実は何かを削られる時に最初に削られるもんです』(さだまさし)
壁に当たった時、この言葉が頭をよぎります。
音楽とは無縁に思える病院というフィールドの中で、私に何ができるのか。音楽がもたらす効果も、限界も、感じることがあります。しかし、痛みや苦しみによって失われた音楽が、患者様の心の中で豊かな一瞬として蘇る場に立ち会うと、音楽の持つ力に気付かされます。
「音楽を学んだ後はどうするか」。将来を考える時に悩まれることでしょう。在学中の学びから演奏だけではない音楽の様々な可能性を見出し、私が選んだ答えは大学院への進学でした。今後も研究を続けながら、医療・福祉現場における音楽療法の有用性を解き明かしていきたいと思います。
皆さんの音楽が今後誰かの心を豊かにできるよう願っています。
Profile

武庫川女子大学音楽学部器楽学科 社会音楽・音楽療法コース(現応用音楽学科)卒業後(2012年3月)、神戸大学大学院保健学研究科リハビリテーション科学領域 脳機能・精神障害学分野 博士前期課程に入学。博士前期課程修了後、同大学院の健康情報科学分野 博士後期課程に進学。修士課程中に安倉南身体障碍者支援センターの音楽療法士、神戸市内のリハビリテーション病院にて音楽療法士として勤務。現在は武庫川女子大学音楽学部教務助手としても勤務している。

米澤 明日華

先輩からのメッセージ米澤 明日華さん
Message
私は大学卒業後に神戸市役所へ入庁し、児童相談所や福祉事務所で福祉にかかわる仕事に携わってきました。武庫女で過ごした四年間では、さまざまな新しいことを体験しました。そのなかで福祉という分野に興味を持ち、そうしたことに関わる仕事がしたいと思うようになりました。授業で得た知識や、実習で学んだ心構えなど、現在の仕事に役立っていることもたくさんあります。これから受験するみなさんも、武庫女で学生生活を送るなかで、新しいことに興味を持つかもしれません。その気持ちを大切に、充実した日々を送ってください。
Profile

武庫川女子大学器楽学科 社会音楽・音楽療法コース(現応用音楽学科)卒業(2012年3月)。卒業後、神戸市役所に福祉専門職として入庁。現在は兵庫区保健福祉部生活支援課に所属、生活保護のケースワーカーとして勤務。

授業紹介
動画
学科紹介
動画
学科
パンフレット