応用音楽学科

応用音楽学科

理論と実践を学び、音楽を様々な現場で生かします。

応用音楽学科では、音楽の持つ様々な要素に注目し、音楽と社会をつなぐ専門家を養成します。これらには、音楽療法、アートマネジメント(芸術事業企画運営)、音楽教育等があります。

社会と音楽のつながりを見つめる分野の役割は、近年とても重要になっています。卒業後は、例えば音楽療法士、コンサートホールの企画運営部門担当者、音楽の指導者など、音楽を通して広く社会にはたらきかけていく専門家を目指します。

3年次よりゼミに分かれ、音楽療法と音楽活用の研究を深めます。カリキュラムにはピアノ・声楽共に45分間の個人レッスンがあるほか、実技科目、音楽基礎科目、多分野にわたる講義・演習・実習があります。

Point1音楽療法士(補)受験資格や中高教諭免許状が取得できる

音楽療法士や中高音楽教諭などの資格取得を目指したトレーニングをニーズに合わせてしっかりと行います。

Point2少人数ゼミで興味に応じて音楽を学べる

希望する研究テーマに沿って4つのゼミに分かれ、音楽療法、音楽活用、音楽教育や音楽心理学などの専門的な内容を学び、研究することができます。

Point3実習や音楽企画で身につく社会人基礎力

医療機関などでの音楽療法実習や、学外で開催するコンサートの企画運営などを通し、幅広い社会人基礎力を身に付けます。

先輩からのメッセージ

音楽療法士
として
活躍中!

篠永 綾香

先輩からのメッセージ篠永 綾香さん
Message
高校1年生の時に音楽療法士という職業を知り、大学に入ってからは音楽療法士を目指して4年間学びました。大学ではもちろん音楽療法士に必要な専門的なことをたくさん学ぶことができましたが、総合大学である武庫女の利点を活かし他学部の科目の聴講などの機会を得て、音楽に限らず様々なことを学び、視野を広げることができました。これから受験生の皆さんは将来の目標に向けて多くのことを学ばれると思います、大学生活ではよりたくさんのことを学び、その中で「たくさんの『自分』」を見つけ、将来に向けて頑張っていってほしいと思います。
Profile

武庫川女子大学音楽学部器楽学科音楽療法コース(現 応用音楽学科)卒業後、2年間の金融系の営業職を経て、現在の社会福祉法人希望の家に入職。希望の家では、音楽療法士として働きながら生活支援員、児童指導員、現在は放課後等デイサービスの所長兼児童発達支援管理責任者として勤務している。

シンガーソングライターとして
活躍中!

山田 有華

先輩からのメッセージ山田 有華さん
Message
「やりたいことがあるけど一歩を踏み出せない」。私はずっとこの悩みを抱えたまま生きていました。しかし大学に入学してから音楽に関する勉強を通して多くを学び、信頼できる友人にも出会い、自分に少しずつ自信を持つことができ、今は「やりたいことを絶対諦めない」気持ちで毎日を過ごすことができています。人と比べて自信がなくなる時もあると思いますが、いつでもありのままで、誰よりも自分自身を認め、愛して下さい。応援しています。
Profile

応用音楽学科卒業(2017年3月)。高校時代、幼少期から歌うことが好きだった経験から、歌手を志し、ピアノ、声楽を学ぶ。大学入学後、音楽を学びながらシンガーソングライター 「有華」として活動を始め、卒業後は会社員(営業職)となり、活動を継続。SNSを中心に活動し広がりを見せ、2019年は全国12会場でのワンマンツアーを開催し、チケットは完売。現在、フリーのシンガーソングライターとして活動中。

演奏学科
紹介動画
応用音楽学科
紹介動画