大学院(男女共学)/ 専攻科紹介

臨床教育学専攻

修士課程(夜間開講)※1 入学定員 16人
博士後期課程(昼夜開講)※2 入学定員 6人
※1 修士課程は主として社会人を対象とした夜間開講です。
※2 博士後期課程は、教育学分野および臨床心理学分野は昼間開講、臨床教育学分野は夜間開講です。
臨床教育学専攻

「教育学」「心理学」「福祉学」の各分野から、学齢期に重きを置きながら、乳幼児から高齢者までの各ライフステージにおける、発達・適応援助に関する理論的・実践的・臨床的研究を行っています。学術的視点を持って支援ができる専門職業人、研究者の養成とスキルアップを目的にしています。

学科オリジナルHPへ

修士課程

主な研究分野

「臨床教育学」

主な研究内容(2017年度)

「教育学」「心理学」「福祉学」の各分野から、学齢期に重きを置きながら、乳幼児から高齢者までの各ライフステージにおける、発達・適応援助に関する理論的・実践的・臨床的研究を行っています。

主な開講科目内容(2017年度)

臨床教育学総論
担当 上田 孝俊
内容 臨床教育学の開拓は、本学もその一翼を担いながら1990年ごろから始まりました。この間に蓄積されてきた研究・教育の努力と到達を踏まえながら、また受講生の研究関心をもとに、援助実践の思想や、その専門性を考察する概念・研究方法の整理を試みます。
課題研究Ⅰ・Ⅱ
担当 全教員
内容 修士学位請求論文と密接な関係を持つ課題研究は、教育学、心理学、福祉学にかかわる各臨床領域において、各自のテーマについて発表・討論を中心に進め指導します。
実地研究
担当 全教員
内容 教育、福祉、保育、医療等の各実践現場における、行動・態度観察、調査、臨床経験等を通して今日的な研究課題を自ら見出し、その解決に向かって実証的かつ実践力に富む高度な臨床的研究能力を培うことを目的としています。
― 教育学関連 ―
教育病理学特論
担当 友田 泰正
内容 教育問題を論じた代表的著書・論文を紹介し、特に「自立」について考えることを通じて、修士学位請求論文作成への手がかりを提供します。
教育社会学特論
担当 安東 由則
内容 教育社会学の歴史や方法論について理解を深めるとともに、具体的な研究の精読、議論を通じて、教育実践などの臨床の場に生かせる視点や方法を考えます。
生徒指導特論
担当 押谷 由夫
内容 現在、生徒指導上の課題となっている事柄について、検討・分析し、特に、児童・生徒と教師の教育的人間関係の構築と個と集団の同時発達、道徳教育の充実という視点から考えます。
― 心理学関連 ―
発達臨床心理学特論
担当 河合 優年
内容 この授業では、発達心理学を基礎として、子どもの発達を扱う、幼児教育現場、学校現場、家庭など実践応用を含めた、現場主義の発達心理学を学びます。適宜討論の時間を設けます。
児童・青年臨床心理学特論
担当 西井 克泰
内容 児童・青年における発達支援的な領域を臨床心理学的視点から学んでいきます。特に、予防やトリートメントに関する領域について扱っていきます。
障害児・者の教育と心理
担当 石川 道子
内容 障害児・者への理解を深め、障害特性を考慮した教育的支援について学びます。特別支援教育を実施するための評価から支援方法までを含めた実践的な知識の習得を事例検討方式で試みます。
― 福祉学関連 ―
人間・社会福祉学特論
担当 中尾 賀要子
内容 中高齢期の「老い」について理解を深め、「老い」の諸問題に対する社会福祉的介入について考察します。自分自身および自分の周りの人々、さらに様々な背景をもつ人々の高齢化とそれに付随する問題について理解を深めます。
子ども・家庭福祉学特論
担当 倉石 哲也
内容 子どもの権利が擁護されていない家庭的社会的状況について分析を試み、支援の方策とその課題について考えます。貧困文化の家族ダイナミックス等、臨床的理解についても理解を深めます。

最近の学位論文題目より

  • 高年初産婦に寄り添うための支援とは-助産師のグループインタビューを通して-
  • 息子が母親を在宅で介護する際の心理的プロセスとそれに影響を与える要因
  • かかわりに困難を感じる子どもへの保育者の専門性についての研究
  • シミュレーション教育におけるSP(模擬患者)の能力と資質の向上に関する研究
  • 保育者の資質とされる人間性についての考察-保育者による内省の語りをもとに-
  • 保健室で行う特別な支援を必要とする子どもへの関わりについての研究-養護教諭の経験知によって形成される知恵について-
  • 養育支援訪問事業に携わる助産師の活動と課題の研究
  • 教養教育としての教科「福祉」の意義に関する研究-高等学校における新教科創設とその変遷-

授業科目(参考 2017年度)

履修方法(2017年度)

  1. 2年以上在学して、必修科目6単位、選択科目24単位以上、合計30単位以上を修得し、さらに修士学位請求論文を提出してその審査および最終試験を受ける。
  2. 必修科目として、臨床教育学総論2単位と、「教育学」、「心理学」および「福祉学」の3関連分野から、教育病理学/生徒指導/教育社会学/臨床教育学(以上、「教育学関連」)、発達臨床心理学/学校臨床学(以上、「心理学関連」)、人間・社会福祉学/子ども・家庭福祉学(以上、「福祉学関連」)のいずれか1つの実地研究、課題研究Ⅰ各1単位、課題研究Ⅱ2単位を修得する。
  3. 専門とする分野の科目から6単位以上(特論・演習を含む)を選択履修する。さらに18単位以上を選択履修する。
  4. 特論・演習・実地研究・課題研究はセットになっている。ただし、特論は関連分野内のいずれかを履修すればよい。履修については、指導教授の指導を受けること。

学位授与

修士課程に在学して、所定の単位を修得し、さらに修士学位請求論文の審査および最終試験に合格した者には、「修士(臨床教育学)」の学位を授与する。

関連科目として他専攻から許可された開講科目の中から、8単位まで修得することができます。


博士後期課程

主な研究分野

「臨床教育学」

主な研究内容(2017年度)

乳幼児から高齢者まで幅広く、人間のライフサイクルに応じた教育・研究を行い、「臨床教育学」「教育学」「臨床心理学」の各分野の視点から、発達・適応援助に関する理論的・実践的・臨床的研究を行っています。

担当教員の専門領域(2017年度)

昼間開講

― 教育学 ―

担当 田中 毎実
内容
  • 臨床的人間形成論・大学教育学
  • 「発達と教育」を「ライフサイクルと異世代間の相互生成」によみかえる
担当 西本 望
内容
  • 幼児教育保育、家庭教育、保育の質・評価
  • 基本的生活習慣の獲得・形成機序としつけの方策
  • 心の習慣(価値・倫理的枠組)の形成と転換・愛着障がい
  • こども子育て支援、放課後子供支援事業
担当 松下 良平
内容
  • 教育と学習に関する原理的研究
  • 道徳教育論
  • 英米を中心とする教育思想研究
担当 矢野 裕俊
内容
  • 学校カリキュラムの開発と実践をめぐる諸問題
  • 地域社会と連携した学校のガバナンス
  • 生涯学習社会における学力・能力論

― 臨床心理学 ―

担当 萱村 俊哉
内容
  • 発達障害児/者の神経心理学的アセスメントに関する基礎的及び臨床的研究
  • 発達障害児への学習指導に関する神経心理学的研究
  • 学校と地域を結ぶ発達障害支援ネットワークの構築
担当 佐方 哲彦
内容
  • 青年期のアイデンティティの病理に関する研究
  • ロールシャッハ法による心理アセスメントの研究
担当 西井 克泰
内容
  • 発達障害の理解と心理教育的支援
  • ソーシャルスキル教育
  • 被虐待児への心理的支援

夜間開講

― 臨床教育学 ―

教育学関連
担当 安東 由則
内容
  • 女子教育に関する現状分析と今日的課題の検討
  • アメリカにおける女子大学の現状分析と女性支援に関する研究
  • 私立中学・高等学校の総合的研究
担当 上田 孝俊
内容
  • 子ども(被援助者)と教師(援助者)の相互作用としての教育実践・カリキュラムの検討
  • 当事者理解の方法と思想の研究
担当 押谷 由夫
内容
  • これからの学校教育改革と道徳教育改革
  • 子どもを主体とした授業改革、学級経営改革(「特別の教科 道徳」を中核として)
  • 生き方とかかわらせた臨床教育学
担当 友田 泰正
内容
  • 青少年の自立の文化的・社会的要因
  • 学校文化の日本的特性
  • 教育・文化施設のネットワーク化
心理学関連
担当 石川 道子
内容
  • 発達障害に関する研究
  • 障害児・者の教育と心理
  • 小児の障害への心理アセスメント
担当 河合 優年
内容
  • 発達初期における社会性の形成
  • 情動統制の発達的変化に関する研究
  • 母子関係の成り立ちと愛着
  • 発達段階と教育
福祉学関連
担当 倉石 哲也
内容
  • 子ども家庭福祉の専門性に関する研究
  • 子ども虐待の発生と予防、および支援と介入に関する研究
  • 学齢期の子育て支援に関する研究
  • 支援者支援に関する方法の開発

最近の学位論文題目より

  • 心理教育相談の母親面接における相互交流に関する研究
  • 介護老人保健施設における看護職の役割に関する質的研究
  • Significance of Amae as a Transitional Mechanism: Function and Role of the “Zone of Practicable Adaptability”
  • 震災孤児・遺児の長期的心理変化と支援についての研究-神戸レインボーハウスの記録分析から-
  • 芦田恵之助における随意選題思想形成過程に関する研究-明治期の芦田の綴方実践と思索に着目して-
  • 発達障害児とその親が安定した関係を構築するための親支援の研究
  • 要発達支援児を育てる親の内省が親子関係構築に関与する過程

授業科目(参考 2017年度)

履修方法(2017年度)

  1. 3年以上在学して、必修科目6単位、選択科目のうちから主として専門とする分野の特別演習2単位、合計8単位以上を修得し、博士学位請求論文を提出して、その審査および最終試験を受ける。
  2. 必修科目として、特別研究Ⅰ(1年次)・特別研究Ⅱ(2年次)・特別研究Ⅲ(3年次)の各2単位、合計6単位を修得する。

学位授与

博士後期課程に在学して、所定の単位を修得し、さらに博士学位請求論文の審査および最終試験に合格した者には、「博士(臨床教育学)」「博士(教育学)」「博士(臨床心理学)」のいずれかの学位を授与する。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE