大学院(男女共学)/ 専攻科紹介

薬学専攻

博士課程(昼夜開講) 入学定員 2人
 社会人特別選抜入試を実施しています。
薬学専攻

薬学専攻は、薬物治療学分野および実践医療薬学分野に関する教育と研究を行い、医療現場・研究・教育機関等において医薬品とその使用に関して、高度の専門性を有する職業人または指導的役割を担う自立した研究者を養成することを目的とします。
薬学専攻では、在職のまま薬学もしくは薬科学の高度な知識を学び、博士もしくは修士の学位取得を目指す社会人のために、社会人特別選抜制度と長期履修学生制度を設けています。

学科オリジナルHPへ

主な研究分野

薬物治療学分野(東洋医薬学、腫瘍薬理学、臨床薬学、健康機能解析学)
実践医療薬学分野(病態生理学、臨床病態解析学、臨床製剤学)

研究テーマ(2017年度)

1 薬品分析学
指導 萩中 淳、松永 久美
内容
  1. 医薬品、生体成分および環境汚染物質の高感度・高選択的分析法の開発と応用
  2. 生体高分子および人工高分子の分子認識能を利用した分析法の開発と応用
2 薬品物理化学
指導 黒田 幸弘
内容
  1. 医薬開発初期段階における副作用予測法に関する研究
  2. 薬物および生体分子の分子間相互作用に関する研究
3 薬化学Ⅰ
指導 川崎 郁勇
内容
  1. 創薬化学研究:炎症・アレルギー・喘息・骨粗鬆症・リウマチ・悪性腫瘍等の治療薬を指向した有用な機能性化合物の合成研究
  2. ヘテロ原子および複素環を活用する環境調和型反応および新規有機合成反応の開発と応用
  3. 生物活性複素環化合物の新規合成法の開発と応用
  4. 機能性有機分子を活用する合成反応の開発
4 薬化学Ⅱ
指導 來海 徹太郎、稲本 浄文
内容
  1. 生理活性天然化合物および誘導体の効率的合成法の開発
  2. 遷移金属を触媒として用いる新規合成反応の開発と複素環構築への応用
  3. 経口化を志向した親水性抗癌剤のプロドラッグ化
5 生化学Ⅰ
指導 中林 利克、水野 英哉
内容
  1. 細胞分化の振り分け機構に関する研究
  2. 神経変性疾患の発症メカニズムに関する研究
6 生化学Ⅱ
指導 野坂 和人、内山 良介
内容
  1. ビタミンの合成酵素や膜輸送の分子機構に関する研究
  2. 細菌感染で誘導される炎症の生体防御における役割の解明
7 生薬学
指導 奥 尚枝
内容
  1. 天然由来の抗アレルギーおよび抗掻痒物質の探索法の開発と応用
  2. 花色変化を発現させる調節機構の解明
  3. フラボノイドの瀉下活性発現メカニズムの解明
8 衛生化学
指導 西川 淳一、山下 沢、岡田 安代
内容
  1. 食品・食品添加物中の化学物質の有効性や有害性に関する研究
  2. 環境汚染化学物質の生体影響に関する研究
9 薬理学Ⅰ
指導 中村 一基、吉川 紀子
内容
  1. がんの悪性化機構に関する研究
  2. がん転移抑制薬の探索
10 薬理学Ⅱ
指導 篠塚 和正、籠田 智美
内容
  1. 血管の異種細胞間相互調節機構の研究と応用
  2. 機能性食品の有用性と安全性に関する研究
  3. 生活習慣病における心血管機能に関する研究
11 薬剤学
指導 高橋 幸一、中瀨 朋夏
内容
  1. 新規機能性素材導入による次世代型製剤の開発
  2. トランスポーターを標的とした糖尿病や女性特有のがんに対する新規治療システムの開発
  3. 女性ホルモンによる細胞死の制御と心疾患薬物治療への応用
12 臨床薬学
指導 岡村 昇、山森 元博
内容
  1. 血中濃度、遺伝子、プロテオミクス情報に基づく個別化医療に関する研究
  2. 医薬品の適正使用に関する研究
  3. がんの診断マーカー・創薬ターゲットの探索
13 臨床薬学教育センター
指導 片岡 和三郎、桒原 晶子
内容
  1. 医薬品の適正使用に関する研究
  2. がん治療にかかわる臨床薬学的研究
14 臨床製剤学
指導 内田 享弘、吉田 都
内容
  1. 味センサによる経口製剤・漢方製剤の服用性評価
  2. バイオセンサを利用した新規診断法・デリバリーシステムの開発
  3. 注射剤の配合変化・適正使用に関する研究
15 病態生理学
指導 三木 知博、奥田 浩人
内容
  1. 疾病の一次予防疫学および臨床研究
  2. 生命科学の変革期における医療倫理の研究
16 免疫生物学
指導 高橋 悟
内容
  1. 血管新生阻害による抗がん療法に関する基礎的研究
  2. 血管内皮細胞の機能に関する研究
  3. マクロファージ、破骨細胞の機能抑制化合物に関する研究
17 東洋医薬学
指導 髙 明
内容
  1. 天然薬物の生活習慣病予防、治療効果およびそのメカニズムに関する研究
  2. 生薬の配合による薬効変化に関する研究
  3. 天然成分の美白効果に関する研究
18 ゲノム機能解析学
指導 木下 健司、村田 成範
内容
  1. ヒトゲノムDNAの迅速・簡便・安価な遺伝子検査法の開発研究を通じて「オーダーメイド医療」実現に向けた普及・啓蒙・教育活動
  2. マイクロRNAを高感度、網羅的、かつ簡便に検出するツールを開発研究
19 健康機能解析学
指導 池田 克巳
内容
  1. 高血圧等の生活習慣病危険因子の遺伝と予防・治療にかかわる環境因子に関する研究
  2. メタボリック・シンドロームモデルの解析
20 臨床病態解析学
指導 森山 賢治
内容
  1. 生活習慣病の形成に関与する交絡因子の探索
  2. 糖脂質代謝と病態形成メカニズムに関する研究
  3. 糖尿病発症における病因・病態に関する研究

最近の学位論文題目より

  • クロロゲン酸(CGA)による薬物の苦味抑制効果の評価とその機序の推定
  • ドライアイ治療薬の選択肢拡充を目指して:涙液分泌、神経軸索伸長および角膜上皮修復に及ぼす生体内タンパク質の薬理学的研究
  • 転写活性を指標とした内因性・外因性リガンドの作用予測に関する検討
  • メタボリックシンドロームラットの血管緊張性調節に対するプロテアーゼ活性化型受容体2(PAR2)の役割に関する研究

授業科目(参考 2017年度)

履修方法と修了要件(2017年度)

博士課程は4年以上在学し、論文作成研究を履修し、演習科目(演習Ⅰ~Ⅲ)18単位及び講義科目のうち、主として専攻する特論群から4科目8単位以上、他の特論群から3科目6単位以上の計14単位以上の合計32単位以上を修得するとともに、博士論文の審査および最終試験に合格しなければならない。

学位授与

上記の修了要件を満たした者に「博士(薬学)」の学位を授与する。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE