総合案内

学院長メッセージ

「一生を描ききる女性力を。」女性の活躍が一層求められる時代、自らの意志と行動力で可能性を拡げ、生涯を切り ( ひら ) いていく女性力を育みます。

武庫川学院は2020年、創立81周年を迎えました。100周年に向けて飛躍を目指す、第一歩となる年です。

学院は、昨年の創立80周年を機に、創立100周年となる2039年を見据え、学院をさらに飛躍させるプロジェクト「MUKOJO ACTION 2019 → 2039」を進めています。学院の未来像となる「MUKOJO Vision 2019 → 2039」には、「一生を描ききる女性力を。」を表題に掲げ、女子大学、女子学園の改革に挑戦をしています。

武庫川学院の校祖・公江喜市郎先生は1939年、武庫川女子大学の前身となる武庫川高等女学校を創設しました。創設の契機になったのは、公江先生が視察で訪れたイギリスにおいて、イートン校などのパブリックスクールやオックスフォード、ケンブリッジ両大学を訪問したことです。イギリスの私学のエリート校で、知識の伝授だけでなく、教養の 涵養 ( かんよう ) や人間形成に重きを置いた教育が実践されていることに深い感銘を受け、理想の私学の創設を目指しました。

公江先生は、女性の育成を建学の理想である「立学の精神」に込め、「高い知性、善美な情操、高雅な徳性を兼ね ( そな ) えた有為な女性を育成する」という教育理念を掲げました。以来、本学は、この理念を兼ね備えた女性の育成を目指し、専門教育だけでなく、「幅広い教養と豊かな人間性を育む」全人教育を実践し、人・家庭・社会に貢献できる女性の育成を目指す、とする教育目標のもと、「主体性・論理性・実行力」を培う教育を推進し、多くの優れた人材を社会に送り出してきました。

公江先生の足跡は、本学初の社会科学系学部として4月にスタートした経営学部の拠点となる「公江記念館」1階の学院ミュージアム(校祖室)でご覧いただけます。

大学は4月、食物栄養科学部、建築学部、経営学部の3学部を開設し、10学部17学科の女子総合大学になりました。また、大学附置研究所として女性活躍総合研究所を開設しました。さらに、昨年10月には、本学の玄関駅となる阪神電鉄「鳴尾・武庫川女子大前駅」に、新たなキャンパス「武庫女ステーションキャンパス」をオープンさせました。全国初となる駅高架下の本格的大学施設で、大学と地域がつながり情報発信するコミュニティー創出ゾーンとなっています。「MUKOJO Vision 2019 → 2039」は、本学院の信念と決意を示すものです。

「女性の活躍がより望まれる時代を迎えた今、個性輝く女性を社会へ送り出すこと。それが女子総合大学の果たすべき使命だと確信しています。自らの意志と行動力で可能性を拡げ、生涯を切り拓いていく。それは、立学の精神を新たな時代に向かって進化させていくことです。」

これからの社会は、あらゆる分野で男女共同参画が一層強く求められ、女性の活躍の場はさらに広がり、グローバル化も一層進展することが予想されます。このような時代にあって、女子総合大学である本学には、共学の学校では展開し難い特色ある教育を行って、真の実力を備えた「社会に貢献できる自立した有為な女性」を育成する責務が課されていると考えています。

 「MUKOJO Vision 2019 → 2039」は、続きます。

「今こそ、女子大が変わらなくてはならない。一生を描ききる女性力を育む。武庫川学院、武庫川女子大学は女子教育のさらなる頂に挑みます。」

学院長 大河原 量
学院長 大河原 量

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE