総合案内

3つのポリシーとアセスメントポリシー

3つのポリシー策定の基本方針

武庫川女子大学・同短期大学部・大学院 (以下「本学」という。) は、卒業認定・学位授与の方針(以下「ディプロマ・ポリシー」という。)、教育課程編成・実施の方針(以下「カリキュラム・ポリシー」という。)及び入学者受入れの方針(以下「アドミッション・ポリシー」という。)の3つのポリシーを策定するうえでの全学的な基本方針を次のように定める。

策定方針

  • 3つのポリシーは、本学の立学の精神である「高い知性」「善美な情操」「高雅な徳性」を兼ね具えた有為な女性を育成できるように策定することとし、学則に定める教育研究上の目的を反映すること。
  • 3つのポリシーを通して、本学における教育内容・方法を本学学生及び教職員を始め、本学に関心を持つ様々な関係者の方々に広く周知し、十分に理解できるよう、より具体的で分かりやすい文章で表現すること。
  • 3つのポリシーを本学の教育活動の基本とし、教育の質向上に係る自己点検・内部質保証推進の根幹となるものと位置付けること。

3つのポリシーの位置づけと相互の関係

  • ディプロマ・ポリシーは、本学の立学の精神並びに教育目標に基づく教育の成果として、卒業を認定し学位を授与するにあたり学生が身に付けておくべき資質・能力を具体的に示すための基本方針である。
  • カリキュラム・ポリシーは、ディプロマ・ポリシーに定めた資質・能力(学修成果)を学生が身につけるうえで必要な教育課程(カリキュラム) を編成するための基本方針である。
  • アドミッション・ポリシーは、ディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ、教育の目標の実現に向けて、入学者に求める能力や、入学者の受け入れ方法を示すための基本方針である。

これら3つのポリシーは、互いに連関しあうものとして、本学の教育目標の実現に向け、学生の入学から卒業までの一貫した教育活動を実施するうえでの基本的な指針である。

策定単位

大学・短期大学部・大学院

  • 学部・学科・専攻によらず、本学の学生すべてに共通する内容は、全体の3つのポリシーとして定めること。

学部・研究科

  • 各学部・研究科における共通事項としてのディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーは、学部・研究科ごとに定めること。

学科・専攻(学位)

  • 本学のそれぞれの専門分野におけるディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーは、学科・専攻ごとに定めること。ただし、各学科・専攻において複数の学位を設置している場合は、学位ごとにディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを定めるか、もしくは学科の各ポリシーの中で明確になるよう書き分けること。
  • アドミッション・ポリシーは、学科・専攻ごとに定めること。
  • 各専攻の3つのポリシーは、修士課程、博士課程、及び博士後期課程について、それぞれ定めること。

3つのポリシーの詳細はこちら

アセスメントポリシー

武庫川女子大学及び武庫川女子大学短期大学部は、「立学の精神」に基づく「教育目標」を実現するためにディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーの3つの方針を定めて教育活動を行い、継続的な教育の質保証と改善を行う。そのために評価の方針と指標(アセスメント・ポリシー)を設定し、学生の学修成果を確認・評価する。

確認・評価は、大学・短期大学部全体(機関レベル)、各学科(教育課程レベル)、授業科目(科目レベル)の観点で、学生の入学から卒業までのそれぞれの時点に行うこととし、以下のような指標を設定する。

なお、本ポリシーは、今後の運用を通じてより適切なものとなるよう、必要に応じて見直しを図る。

大学・短期大学部全体(機関レベル)

(教育課程レベルの評価結果に基づき)大学・短期大学部全体の教育目標の達成状況を確認・評価し、その結果を全学的な入試、教育改革・改善、学生・学修支援の改善等に活用する。

各学科(教育課程レベル)

成績評価、GPA、各種テストや調査等の結果に基づき、各学科の学修成果を確認・評価する。その結果は、各学科のカリキュラム改善や学修支援活動に活用する。

授業科目(科目レベル)

シラバスで提示された科目目的、到達目標等に対する成績評価や各種調査等の結果に基づき、科目ごとの学修成果を確認・評価する。その結果は、授業内容、授業計画、授業方法の改善等に活用する。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE