大学院の概要

研究科長からのメッセージ

「経験知」を「理論知」に進化させる大学院

大学院への進学を考えておられる看護職者の皆様へ。

武庫川女子大学大学院看護学研究科は2015年4月に修士課程を、2017年4月に博士後期課程を開設しています。本看護学研究科の特色は、現職看護職者のキャリアアップを目指していること、修士課程では保健師を養成し保健施策の企画力を育成すること、看護実践の場や看護教育機関で教育研究能力を発揮できる人材の育成を目指していることです。臨床の看護職者の質を上げ、リーダーシップが取れる人を育成したいという思いから現職看護職者のキャリアアップを目指しています。

修士課程では臨床での問題点や疑問点を解明することを研究課題にし、修士論文を作成する過程を通して臨床での問題解決につなげていきます。このプロセスを経ることで臨床での「経験知」を「理論知」に変えていくことができます。保健師養成課程では質の高い教育を受けた修了生を行政の保健衛生部門に送り保健師活動の質を上げていきたいと考えています。2019年度現在、修士課程で保健師を養成している大学院は国公立大学8校、私立大学6校です。本研究科は近畿圏の大学院に先駆けて保健師養成をしています。

博士後期課程では、思考力と研究力をつけて教育や看護実践の場で指導者として看護学の理論構築を目指す力を身につけてもらいたいと思っています。このような大学院教育を展開することで、臨床と教育の有機的なつながりが強化され、互いに切磋琢磨して看護の質向上に寄与できると確信しています。

本研究科は総合大学の強みを生かして他研究科の講義を受けて視野を広げ、幅広い見地から看護教育や看護実践を振り返り、大学院生が解決すべき課題に取り組んでいけるようなカリキュラムを組んでいます。教員もその資質と能力をフルに発揮し、大学院生の教育に携わっています。本研究科では快適な学習・研究環境を整えて皆様をお待ちしています。

研究科長 町浦 美智子
町浦まちうら 美智子みちこ 研究科長
博士(看護学)。助産師として臨床経験を積んだのち、母校である大阪大学医療技術短期大学(当時)にて、母性看護学の教育に携わる。その後米国で修士、博士の学位取得。鹿児島純心女子大学助教授、大阪府立看護大学看護学部/看護学研究科助教授・教授、大阪府立大学看護学部・地域保健学域看護学類/看護学研究科教授を経て、現職。研究分野は母性看護学、助産学。

看護学研究科の特徴

看護の質を向上させる思考力・研究力を育てる大学院
修士課程

看護実践の場での「経験知」から「理論知」へと進化し、
看護学研究コース:看護実践の場での調整力や指導力を発揮できる人材へとステップアップ
看護学研究保健師コース:実践力および保健行政への参画力を有する保健師へとステップアップ

博士後期課程

「理論知に裏付けられた経験知」から「新たな理論知」の創生と発信へと進化し、看護実践の場で教育研究能力を発揮できる人材へとステップアップ

看護実践活動を継続しながらの学習を推奨

病院や施設、保健所などの地域の機関、看護学の教育を行う教育機関・研究機関など、看護実践の場に貢献できる人材の育成を目指しています。

看護実践・教育の中から生じた疑問から研究課題を設定し、文献レビューで明確にして研究を進めていくことになります。そのため、看護実践と関連させながらすすめていくことを推奨します。

看護実践の場での研究・教育をサポートします。

授業を夜間と土曜日に開講

看護実践活動と働きながらの修学を可能にするため、夜間と土曜日の開講形態をとっています。(修士課程看護学研究保健師コースは、保健師国家試験受験資格のためのカリキュラムとなっているため、昼夜開講となります)

他の研究科・専攻の学生・教員との交流(学際的な視点での学び)

武庫川女子大学大学院には、薬学研究科、生活環境学研究科、健康・スポーツ科学研究科、臨床教育学研究科、文学研究科といった研究科があります。他の研究科との交流を図り、学際的な視点での研究や学びを深めていくことが可能です。

学生の研究課題に応じた複数の教員からなる指導体制

看護学の研究課題は、社会の複雑多様化に関連し、複合的な内容を包含していることが想定されます。そのため、学生が自身の志向により研究活動が行えるよう、教員は学生が追求したい課題に関連した指導ができるように、志望する看護学の教員のみならず、複数の教員からなる指導体制をとっています。

パンフレット

武庫川女子大学看護学ジャーナルのご案内

2019年3月に第4巻を発刊いたしました。

本ジャーナルは特定の分野にかぎらず、看護学の発展に寄与する論文であれば投稿が可能であり、本学の教員が共同研究者であればどなたでも投稿が可能です。

投稿規定はこちら、原稿執筆要項はこちら よりご確認ください。